日本キリスト教団(日本基督教団) 芦屋西教会 公式サイト。兵庫県芦屋市のプロテスタント教会。

2022年3月6日(日)より対面礼拝を再開します

1139 views
約 16 分
2022年3月6日(日)より対面礼拝を再開します

2020年3月6日より対面礼拝を再開します

芦屋市内の新型コロナウイルス感染者数が一時期に比べ落ち着いていることをうけ、予定通り、
家庭礼拝を2月27日で終え、3月6日より対面礼拝を再開いたします。
再度、芦屋西教会の以下の対応へのご協力をよろしくお願いします。

  1. 現在の対面礼拝を再開しますが出席される方は、ご自身で検温などの感染対策を行ってください。
  2. 2階礼拝堂以外に1階集会室でもモニター視聴形式による礼拝出席ができます。
  3. 聖餐式はしばらくの間行わず、聖餐の祈りを共にささげます。
  4. 礼拝出席にご不安を覚えておられる方、ご家族や入所施設などから外出を控えるよう促されている方、体調不良の方は、出席をお控えくださり、ご家庭で礼拝を共にし、祈りをあわせてください。
  5. なお、奉仕担当者で来会が不安な方は、遠慮なくお申し出ください。
  6. YouTube での同時配信を行っています。スマートフォン・タブレットでも視聴可能です。https://www.youtube.com/channel/UCun5qA_ASX-TE2u8Ql0J33Q/featured
    あるいは「芦屋西教会 You Tube」で検索するとご覧いただけます。
  7. 最近礼拝出席された方でご自身またご家族などの関係者が感染した場合、濃厚接触者と認定された場合、教会にご一報くださり、保健所などの行政指導に従ってください。
  8. 牧師はじめ普段礼拝や集会に集う方の中で感染が確認された場合、行政の指導に従いつつ教会を閉館し、在宅礼拝といたします。閉館期間は行政の判断に従います。                            2022年2月27日 芦屋西教会

===========================================================

              芦屋西教会のホームページをご覧の皆さま        2022年2月8日
2月6日(日)開催の2月定例役員会において、主日礼拝および諸集会について協議し、以下のように決定いたしましたのでお知らせいたします。
① 主日礼拝について  ※礼拝を中止することはありません。
2月27日までYouTubeを用いた配信礼拝の家庭礼拝のみといたします。
・礼拝堂での主日礼拝は、牧師と神学生(YouTube配信担当)のみで行います。
・下記アドレスまたはQRコードから芦屋西教会YouTubeページに入れます。
   芦屋西教会You Tubeアドレス 
     https://www.youtube.com/channel/UCun5qA_ASX-TE2u8Ql0J33Q/featured
・ 視聴方法などご質問があればいつでもお気軽に牧師までお尋ねください。
(※スマートフォン、 タブレットご使用の場合は、Wi-Fi環境にあることをお勧めします。)

https://www.youtube.com/channel/UCun5qA_ASX-TE2u8Ql0J33Q/featured

② CS礼拝、諸集会(祈祷会等)について   ・休会といたします。
③ 家庭礼拝等の期間について        ・現時点では2月27日(日)までです。
④ その他
・教会(礼拝堂)には、基本的に牧師がおり扉を開けています。
 お祈りを礼拝堂でささげられたいとき等は、いつでもお越しください。
※月曜日は閉まっています。また牧師外出中の時があるかもしれませんので、あらかじめご連絡いただければと思います。

牧師・役員からのメッセージ

「わたしの魂は沈み込んでいても 再び心を励まし、なお待ち望む。
 主の慈しみは決して絶えない。主の憐みは決して尽きない。」
(旧約聖書 哀歌 3章20-22節)

今までできるだけ対面礼拝を守ってきましたが、市内の感染状況、感染力など様々な事柄を協議し、役員会は2月いっぱいの主日礼拝を配信礼拝のみにすること、諸集会を休会とすることを決定いたしました。この決定について様々なご意見もあるとは思います。しかし、教会は主から託された「命」を守ることへの最大限の配慮をも求められています。

集うことのできない悲しみ、辛さ・・・様々な思いがあり、この不自由な中で過ごさなければならない状況で私たちの魂は沈み込みそうです。しかし、私たち一人一人に対する神さまの慈しみと憐みが消え去らないことを私たちは知っています。そして、神さまが「その時」を備えて私たちをこの愛する芦屋西教会に導き、連れ戻してくださることをも知っています。

今まで幾多の困難の中にあっても神さまが芦屋西教会に連なる一人一人を愛し導いてこられました。

一つ所に集うことが叶わない今ですが、私たちは決して一人ではありません。芦屋西教会で与えられたかけがえのない信仰の友/兄弟姉妹がいます。そして、独りだけで祈っているのではありません。お互いに友/兄弟姉妹を想いながら「執り成しの祈り」を共にささげているのです。その祈りは、決して空しいものでは終わらないのです。

なお、必要な情報連絡やお困りごとなどあればどうか遠慮なく牧師・役員にご連絡ください。

愛する皆さんお一人お一人、またご家族の上に主の平安とお支えがありますようにお祈りいたします。

            2022.2.8    芦屋西教会牧師 若林一義・役員一同


       

2022年1月27日 まんえん防止等重点措置に伴う芦屋西教会の対応

兵庫県内の新型コロナウイルスの新規感染者数は過去最多を更新し、芦屋市内の感染者数も増加しています。
1月27日に兵庫県では「まんえん防止等重点措置」が実施されました。

  1. 現在の対面礼拝を継続しますが出席される方は、ご自身で検温などの感染対策を行ってください。
  2. 2階礼拝堂以外に1階集会室でもモニター視聴形式による礼拝出席ができます。
  3. 聖餐式はしばらくの間行わず、聖餐の祈りを共にささげます。
  4. 礼拝出席にご不安を覚えておられる方、ご家族や入所施設などから外出を控えるよう促されている方、体調不良の方は、出席をお控えくださり、ご家庭で礼拝を共にし、祈りをあわせてください。
  5. YouTubeでの同時配信を行っています。スマートフォン・タブレットでも視聴可能です。https://www.youtube.com/channel/UCun5qA_ASX-TE2u8Ql0J33Q/featured
    あるいは「芦屋西教会 You Tube」で検索するとご覧いただけます。
  6. 最近礼拝出席された方でご自身またご家族などの関係者が感染した場合、濃厚接触者と認定された場合、教会にご一報くださり、保健所などの行政指導に従ってください。
  7. 牧師はじめ普段礼拝や集会に集う方の中で感染が確認された場合、行政の指導に従いつつ教会を閉館し、在宅礼拝といたします。閉館期間は行政の判断に従います。

二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二

 「緊急事態宣言を受けての芦屋西教会の対応」 (2021年1月15日)

芦屋西教会のホームページにお越しくださった皆様

  1. 主日礼拝について
    礼拝を中止することはありません
    但し、教会での礼拝は自粛とし、家庭礼拝を原則といたします。
    教会での礼拝は、牧師と役員有志で執り行います。
    ・教会ホームページ「礼拝案内」に各主日礼拝予告を掲載しています、ご覧ください。
    ・礼拝の動画配信(YouTube)をご活用ください。
    芦屋西教会 YouTube」で検索していただくか、教会ホームページ内「各月礼拝案内」のYouTubeアドレス
    https://www.youtube.com/channel/UCun5qA_ASX-TE2u8Ql0J33Q/featuredからご覧いただけます。
    礼拝次第(礼拝順序)はYouTubeの各動画説明欄に掲載しています。
    *動画配信の見方の分からない方は、牧師または広報委員にお聞き下さい。
  2. CS礼拝、諸集会について
     緊急事態宣言発出中は、休会といたします。 
  3. 礼拝自粛(家庭礼拝)等の期間について
    ・緊急事態宣言発出された次の主日礼拝から宣言解除までとします
    ・宣言解除後は、短縮型礼拝を継続します。
     ☆但し、出席に不安のある方、ご家族や入所施設から礼拝出席を控えるよう促されている方、体調不良の方は、無理を
      なさらず、引き続きご家庭で礼拝を共にし、祈りをあわせてください。
  4. なお、解除後もこれまで通り芦屋西教会の「新型コロナウイルス感染症対策に関するお願い」(下記)を実施継続いたします。

若林一義牧師からのメッセージ

「そればかりでなく、苦難をも誇りとします。わたしたちは知っているのです、苦難は忍耐を、 忍耐は練達を、練達は希望を生むということを。 希望はわたしたちを欺くことがありません。わたしたちに与えられた聖霊によって、神の愛がわたしたちの心に注がれているからです。 」(ローマの信徒への手紙5章3-5節)

「あなたがたの会った試練はみな人の知らないものではありません。神は真実な方ですから、あなたがたを耐えられないほどの試練に会わせることはなさいません。むしろ、耐えられるように、試練とともに脱出の道も備えてくださいます。」(コリント人への手紙 第一 10章13節)

一つ所に集うことが叶わない「今」ですが、私たちは決して一人ではありません。神さまによって与えられたかけがえのない友がいます。いま、制約を受ける中で私たちは「独り」ではないかと思ってしまいます。しかし、私たちは決して「独り」ではありません。神さまがあなたを支え、共に歩んでくださっています。また、神さまによって与えられた友もいます。

あなたは、会うことの叶わない友のことを想い、そして、友もまたあなたのことを想っています。その想いは「祈り」です。友のこと隣人のことを想う祈り「執り成しの祈り」は、私たちに力を与え喜びを与えてくれます。祈る言葉は、どのような試練、苦しみの中においても神さまに聞かれています。

あなたをはじめ、ご自身やご家族・友が感染し戦いの中におられる方、新型コロナウイルスによって愛する人・大切な友を亡くされた方、以前とは全く違う生活状況に置かれてさまざまな苦しみや痛みを負っておられる方、医療従事者として今懸命に使命を果たそうとしておられる方、日々の日常の中に息苦しさを覚えておられる方、すべての命あるお一人お一人の上に主の平安とお支えがありますようにお祈りしています。

            2021.1.15    芦屋西教会牧師 若林一義

新型コロナウィルス感染症対策に関するお願い(2020.12.05.)

主の御名を讃美いたします。
新型コロナウイルス感染症が第3波に入り、再び感染者数が増加しています。
礼拝、諸集会におけるお願いを以下のように記しました。ご理解とご協力をお願いいたします。
皆さんの健康が守られ、主の平安がありますようお祈りしています。

  1. 三密(密集、密接、密閉)を避ける
    (1)密集・密接にならないように礼拝堂では各席二人掛けに努めてください。
      具体的には、座席に置いている黄色い紙をさけて座ると二人掛けとなります。
      上記のようにお座りいただけると一列毎に交互になります。
      また集会室などでお話しされる時もできるだけ密接しないようにご配慮ください。
    ⑵ 礼拝時、各集会時は、密閉にならないよう常時換気しています。
      寒い時期ですので、コートなどの防寒着をご使用ください。
      また受付に置いているカイロもご自由にお使いください。
  2. 感染予防を行う
    (1)マスクの着用をお願いいたします。ご自身が感染しないためにも、また感染源とならないためにも。
    (2)受付で手指のアルコール消毒や手洗いをお願いいたします。
       敏感肌やアレルギー体質の方は、洗面所で手洗いをお願いいたします。
    (3)一階受付で検温をお願いいたします。ご自宅での検温も併せてお願いいたします。
       月の当番役員が非接触型体温計で測ります。
    (4)しばらくの間、愛餐会などの会食は行いません(但し役員会は除く)。
  3. 礼拝の持ち方
    (1)しばらくの間は、聖餐式を取りやめ「聖餐の祈り」を共にします。
    (2)礼拝時間短縮のため一部次第を変更します。
    (3)着座数を減らします。上記①-⑴
    (4)人数が多い場合は、一階集会室で礼拝を共に守れるようにします。 例:プロジェクターなどの設置。
    (5)YouTubeでの同時配信を行っています。スマートフォンでもアクセス可能です。
        https://www.youtube.com/channel/UCun5qA_ASX-TE2u8Ql0J33Q/featured 
        あるいは「芦屋西教会 You Tube」で検索するとご覧いただけます。
       主日礼拝、説教題、讃美歌などは教会ホームページ【礼拝案内】をご覧下さい。
  4. その他
    (1)ご不安を覚えておられる方、ご家族や入所施設などから外出を控えるよう促されている方、体調不良の方は、
       無理をなさらず、引き続きご家庭で礼拝を共にし、祈りをあわせてください。
    (2)奉仕担当者で来会が不安な方は、遠慮なくお申し出ください。
    (3)ご自身またご家族などの関係者が感染した場合、教会にご一報ください。
       保健所などの行政指導に従ってください。
    (4)牧師はじめ普段礼拝や集会に集う方の中で感染が確認された場合、行政の指導に従いつつ2週間を目途に教会を閉館し、
       在宅礼拝といたします。
      

二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二

2021年9月30日 緊急事態宣言解除に伴う芦屋西教会の対応

兵庫県に発出されていた緊急事態宣言が解除されたことを受け、10月3日(日)の主日礼拝から通常通り行います。
CS礼拝は、10日から行います。
また「聖書を読む会祈祷会」、各会例会(昼食を摂らない形式)なども行います。

  1. 主日礼拝について
    ・感染状況を注視しつつ10月3日(日)より通常通り行います。(聖餐式はしばらく休止とし、聖餐の祈りを共に捧げます)
    ・礼拝形式につきましては、現行の礼拝形式となります。
    ・現状を考慮されて外出を控えておられる方、ご家族や入所施設、お勤め先などから外出を控えるよう促されている方はご無理をなさらないでください。
    ・発熱等体調不良の方は、礼拝への出席はお控え下さい。
  2. ・ 礼拝出席を控えておられる方は、礼拝のライヴ配信(YouTube配信)もご利用いただき、礼拝時間に合わせて共に賛美と祈りをおささげください。
    ・土曜日午後に当日週報をメールで配信いたします。
  3. 各自の感染対策(検温・手洗い/手指消毒/マスク着用)を心がけて下さい。
  4. 各会例会などについて
    ・しばらくの間は礼拝後の飲食を伴う集会は、自粛します。
2021年9月10日 緊急事態宣言延長に伴う芦屋西教会の対応

芦屋西教会に集われる皆さま

9月に入り残暑も日に日に弱まり、朝夕には秋の気配を感じるようになりました。

9月10日(金)に兵庫県をはじめとする19都道府県へ発出されている緊急事態宣言の延長が発表されました。
また芦屋市内の新規感染者も収まっていない状況が続いています。
これを受けて残念ながら9月30日まで原則家庭礼拝と諸集会の休止を延長いたします。

いま集まることができない、賛美を共にできないことにしんどさと苦しさがあります。
使徒が語るように今は試練のときです。しかし、この試練と忍耐は私たちの信仰をより豊かに、より強いものにします。 試練、忍耐の中にあるのは私一人ではありません。主が共に歩んでくださるとともに信仰の友があなたを覚えて祈っています。

皆さん、そして皆さんの大切なお一人お一人の心身の健康が守られますようにお祈りしています。
                        芦屋西教会牧師 若林一義

2021年8月20日 緊急事態宣言発出に伴う芦屋西教会の対応(8月20日~9月12日予定)
  1. 本年1月の緊急事態宣言発令時の礼拝の守り方の文書(次項参照)に準じて、8月22日の主日礼拝から宣言が解除されるまで自粛礼拝とします。
    *教会員は原則としてYou Tubeを利用して礼拝を守ることとします。
    *礼拝は役員など限られた人数で守り、受付や献金当番、掃除当番も休みます。
    *讃美歌は会堂での少人数のあつまりと各自が自宅で歌うので、これまで通りとします。 
  2. CS礼拝はお休みにします。

2021年8月1日 まんえん防止等重点措置実施に伴う芦屋西教会の対応
  1. 主日礼拝は当面今まで通りに行ないます。
    *コロナ感染症対策は今まで通りに行います。
    *讃美歌は着席のまま、余り大声にならないように心がけましょう。
    *礼拝出席について本人やご家族の心配がある方はYou Tubeを用いての礼拝参加をお勧めします。
  2. CS礼拝は主日礼拝に準じます。
  3. 聖書を読む会・祈祷会は、8月は休会。9月から再開予定。
  4. その他の集会(百音・音訳・プサルター)は、行なう予定。

芦屋市内の新型コロナ肺炎の発症は7月中旬まで無かったのですが、最近微増傾向であり、
市内の感染状況をみて、諸集会のあり方を考えていきます。

2021年7月11日まんえん防止等重点措置解除に伴う芦屋西教会の対応
  1. まんえん防止等重点措置解除後の諸集会について
    *聖餐式は8月から再開する
    *コロナ感染症対策は今までどおりとします。
    *礼拝形式は現状のまま行ないます。〈6月21日の項参照〉
    *めぐみ会・壮年会は昼食をはさまず、礼拝後短時間で行ないます。
  2. 礼拝後の昼食サービス等の再開は、しばらく見合わせます。
  3. なお、礼拝出席について本人やご家族の心配がある方などはYou Tubeを用いての礼拝参加をお勧めします。
2021年6月21日緊急事態宣言解除(まんえん防止等重点措置実施)に伴う芦屋西教会の対応
  1. 6月27日(日)より会堂に集まっての礼拝を再開します。
  2. 再開後の讃美歌については着席のまま、あまり大声にならないよう心がけながら賛美しましょう。
  3. なお、礼拝出席について本人やご家族の心配がある方などはYou Tubeを用いての礼拝参加をお勧めします。
  4. 聖書を読む会・祈祷会は6月23日から再開します。
  5. CS礼拝は7月から再開する予定です。
2021年4月25日 3回目の緊急事態宣言発出に伴う対応

4月25日(日)礼拝後開かれました役員会で対応を協議しました

基本的には、前回の緊急事態宣言発出時の対応と同じです(下記の2021年1月15日・2020年12月5日の項を参照)

  1. 主日礼拝について
    礼拝を中止することはありません。
    但し、教会での礼拝は自粛とし、家庭礼拝を原則といたします。
    *教会での礼拝は、牧師と役員有志で執り行います。
    *礼拝当番は中止いたします。教会清掃は牧師が行います。
    *礼拝の動画配信(You Tube)をご活用下さい。
  2. 週報、説教要旨をご希望の方にはe-mailでお送りすることも可能です。
    ご希望の方は、ashiya-nishi-ch@zeus.eonet.ne.jp(教会メールアドレス)にお名前を明記してお送り下さい。
  3. CS礼拝・諸集会は、緊急事態宣言発出中は休会といたします。
  4. 礼拝自粛(家庭礼拝)等の期間について
    *緊急事態宣言発出された次の主日礼拝から宣言解除までとします。
    *宣言解除後は、現在の短縮型礼拝を継続します。
    *但し、出席に不安のある方、ご家族や入所施設から礼拝出席を控えるように促されている方、体調不良の方は
     無理なさらず、引き続きご家庭で礼拝を共にし、祈りを合わせて下さい。
  5. 尚、解除後もこれまで通り芦屋西教会の「新型コロナウィルス感染症対策に関するお願い」を実施継続します。
    このページの下方の2020年12月5日の項をご覧下さい。

若林一義牧師からのメッセージ(2021.4.27.)

「闇の中を歩む民は、大いなる光を見、死の陰の地に住む者の上に、光が輝いた。
あなたは深い喜びと大きな楽しみをお与えになり人々は御前に喜び祝った。」
(イザヤ書9章1-2節)

三度目の緊急事態宣言が出されました。1月に発令された時よりも状況が悪化しています。日々、私たちは以前よりも不安を感じています。その不安は、私たちの「平安の心」を小さくし疑心の心を大きくさせていきます。これからどうなるのか、わからない中でまさに「闇」の中を歩んでいるようなものです。しかし、聖書は私たちに語ります。必ず光が輝くと。そして深い喜びを与えてくださると。いま復活の主イエスさまは私たちと一緒に歩んでくださっています。私たちが抱える不安を共に担って。。。

愛する皆さんお一人お一人、またご家族の上に主の平安とお支えがありますように、そして一日も早く新型コロナウイルス感染が収束するように、心からお祈りいたします。

2021年4月5日 まんえん防止等重点措置実施区域に芦屋市が含まれました

芦屋西教会は下記のように対応します

  1. 礼拝などは現行のまま継続されます(3月1日の項を参照)
  2. ご不安の方、ご家族や入所施設から外出の控えを願われている方はYou Tubeを用いた家庭礼拝を行なって下さい。
  3. 来会時に手指消毒(又は手洗い)、マスク着用をお願いいたします。
2021年3月1日 緊急事態宣言が解除され、3月7日より通常の主日礼拝が再開されます
  1. 主日礼拝:3月7日(日)より、会堂に集う礼拝を再開します。
     感染対策をしっかり行って下さい。下記の「新型コロナウィルス感染症対策に関するお願い(2020.12.05.)」を参照
     不安を覚えておられる方、ご家族や入所施設から外出を控えるように促されている方、体調不良の方は
     無理なさらず引き続きご家庭で礼拝を共にし、お祈りを合わせて下さい。
  2. CS礼拝は3月14日(日)から再開します。
  3. 諸集会・委員会:3月7日の週より再開します。